• ホーム
  • 花粉症の症状にR-1が効く?

花粉症の症状にR-1が効く?

花粉に過剰な反応を示す花粉症ですが、症状の軽減や改善のためには乳酸菌が効果的といわれています。
花粉症に有効な乳酸菌はR-1と呼ばれる種類で、明治が販売しているヨーグルトに含まれているため知名度も高い傾向にあります。
R-1ヨーグルトが花粉症に良いという話は、見聞きしたことがある方も少なくないと思います。

R-1の名前は短縮された略称で、正式にはLactobacillus bulgaricus OLL 1073R-1という難しい名称が付けられています。
選ばれしブルガリア菌が使用されている乳酸菌で、生産する多糖体(ESP)によって生じる良い効果が期待されており、研究が進められています。
乳酸菌は腸にまで届くことで腸内フローラの一部として活躍することができるとされますが、多くの種類は腸まで生きて届くことなく胃で死滅してしまいます。

R-1は腸にまで生きた状態で届くことが確認されているため、腸内環境を良い方向へ傾ける働きがあるといわれているのです。
腸内環境は免疫力に関係しており、環境が悪化すると免疫力が低下することが考えられています。
そして、免疫力が低下すると特定物質に過剰反応を引き起こしやすくなることも明らかになっているため、免疫力に関係する腸内環境を良好にするR-1乳酸菌は花粉症に有効とされています。

花粉症に効くことは分かっていますが、効果を発揮させるためには長期的に摂取することが大事です。
また、乳酸菌が腸まで生きた状態で辿り着くためには食後に摂取することが薦められています。
理由としては胃に物がない状態で乳酸菌を入れると胃酸の影響を受けやすいことがいわれており、胃に物を入れた後に乳酸菌を入れることで胃酸の影響を軽減させることができるとされます。

乳酸菌は多種類で、種類によって特性や発揮される効果が異なります。
効く部分が違うので改善したい状態に適した種類を選ぶ必要がありますが、花粉症を乳酸菌で改善させたい時は明治のR-1を取り入れましょう。

乳酸菌と花粉症の関係とは

花粉症は耳鼻系の症状になるため腸との関係性がイメージしづらいかもしれませんが、先ほども触れたように腸内環境と免疫力及び特定物質への過剰反応は関係深いものです。
近年は鼻炎や花粉症などの耳鼻系の症状を抱える人が急増しており、増加理由として免疫力低下と腸内環境悪化が考えられています。
特に腸内環境の悪化は重視され、その状態を引き起こす要因として食生活の問題が挙げられます。

食の欧米化・肉食・ファーストフードの常用などが腸内環境を悪化させる要因とされ、これら要因がない場合は食事の栄養バランスに着目されます。
乳酸菌の摂取量は最も着目される部分であり、実際に乳酸菌を多く含む発酵食品を摂取している人は健康体・寿命が長い・ウイルスに強いなどの研究結果が出ています。
日本には味噌という発酵食品が古くから使われて来ましたが、食の変化により日本人の味噌摂取量は減少傾向です。

味噌・漬物・キムチ・ヨーグルトなどの発酵食品はそれぞれで含まれ乳酸菌の種類が異なるため、各発酵食品をバランスよく取り入れることが腸内環境を良好にするポイントになります。
漬物も同様のことが言われますが、特にヨーグルトは製造法によって種類が違うためヨーグルトと言っても乳酸菌の種類を見ることが大事です。
日本ではメーカーによって乳酸菌の種類が違うため、選びやすくなっています。

ヨーグルトの場合は2週間~1ヶ月ほどで乳酸菌の種類を変えると、腸内フローラが鮮やかになるといわれています。
例としては、ブルガリア菌入りヨーグルトを2週間食べてからラブレ菌ヨーグルトに変えて2週間食べます。
乳酸菌を摂取しても効果が実感できないという声もありますが、それは自分に合っていない種類を摂取した結果です。
色々な種類を試すことで、乳酸菌による効果を得ることができます。

関連記事